看護師の問題とは

看護師にまつわる問題

人材不足は大問題

看護師の問題といえば、ほぼどこの病院期間も人材不足に悩んでいるということでしょう。
70万人とも言われる潜在看護師がいるにも関わらず、その過酷な労働環境などから、看護師へと復職する人材は、非常に少なくなっているのです。

 

このため、どの職場に関しても、ほぼ日常的に人材を募集している状況です。
医療機関側も大変ではありますが、人材不足によって、一番影響を受けるのは、現場で働くナースです。
必要最小人数で現場を回していかなければならない。
最悪の場合には、必要最低人数に届かない状況でも、患者さんは待ってくれないわけですから。

 

求人情報の虚偽

こういった人材不足から、各種医療機関も募集を積極的に行っています。
少しでも多くの人材を集めるために、待遇面や職場環境など、募集要項には良いことばかりを記入しているということも、看護師関連の問題としては、大きいことでしょう。

 

虚偽と言ってしまうと、大げさかもしれませんが、実際に配属先などを希望に沿うなどと書いているのに、別の診療科に配属されたなんて話は、よくある話です。

 

こういった問題を防ぐためには、直に職場環境を見ている転職エージェントを利用して、本当かどうかを確認してから転職をしたりするのがベストな方法です。